Back to blog

小さな地域、大きな変化 – 四国で一番小さな町が、日本のサステナビリティの象徴になるまで(第2回)

ある山間の小さな村から、世界を動かすアイデアが生まれた

 大きなアイデアはどこからやってくるのでしょうか。私たちの常識を変えるような、新しい動きに火をつけるような変化は、どのようにして起こるのでしょうか?それは、人口が密集している大都市で起こることが一般的ですが、そのようなひらめきは、思いがけないところで起こることもあります。

四国で最も小さな村である上勝町は、現在人口1,500人、日本でも数少ないコンビニがない地域の1つです。 かつて林業で栄えたこの村は最盛期に、約6,000人もの住民がいました。 しかし、日本の国産材が安価な輸入材におされ、多くの人々が近隣都市での仕事を求めて村を去りました。 そして日本の田舎でよく見られるように上勝町でも過疎化が進み、現在にいたっています。

瀕死の村を救うにはどうしたらいいのか。上勝町役場の職員である東ひとみさんは、そう自問自答していました。 上勝町出身の東さんは、このまま故郷が衰退していくことに納得ができませんでした。 同じ頃、町役場では町のゴミの処理をどうするべきかというジレンマに悩まされていました。 従来上勝町のごみ処理システムは単に野焼き(露店焼却)をするだけでした。 村の中心部に掘られた大きな穴は、そこに住民がゴミを捨て、その後完全に焼却される「屋外投棄」の場として機能していました。人間の健康人体にも環境にも良くないことは言うまでもありません。

 

IMG-0300


野焼きの問題を解決するために、町が2基の小型焼却炉を購入しました。 しかし、導入からわずか2年で、日本政府は廃棄物処理中に排出されるダイオキシンの排出許容量を変更しました。 これにより上勝町の焼却炉は停止しなければならなくなりました。 焼却炉を持たない上勝町は、突如廃棄物処理のあり方を見直す必要に迫られました。 早急に新しいごみの処理方法が必要でした。 これからの上勝町の廃棄物管理システムがどうなるかという岐路にたたされ、危機的な状況の中で東さんはあるアイデアを思いつきました。

東さんは、上勝町のごみ撤去費用を軽減するために、住民がリサイクル可能なものを可能な限り詳細に分別してごみを削減することを提案しました。 村はそれらをリサイクル可能な業者に委託することで、ごみを埋め立てないようにするのです。 彼女のアイデアは最初反発を買いましたが、最終的には村長の承認を得ました。 こうして2001年、上勝町のゼロ・ウェイストは正式に始まりました。

ゼロ・ウェイストを実施するにあたり、町役場のスタッフが直面した最初の課題は、この新しいシステムについて住民にどのように教育するかということでした。当初、上勝町のゼロ・ウェイストシステムには、35種類のごみ分別がありました。 町役場では1ヵ月かけて、スタッフとボランティアのチームを派遣し、上勝町内のすべての集落を訪問して住民を教育しました。過疎地とはいうものの上勝は55の異なる集落からなる広大な土地であり、その85.4%が森林で平地はほとんどありません。 多くの課題にもかかわらず、町の人々の努力と献身により、上勝町ではゼロ・ウェイストを成功させることができたのです。

IMG-0321

このような高い目標を掲げたのは、副次的な目的もあったのです。 上勝町を「ゼロ・ウェイスト・ビレッジ」とブランディングすることで、過疎化が進む町に新たなアイデンティティーを与えました。 上勝町の人たちは、自分が上勝出身であることを誇りに思うことが出来ますし、外部の人々は、ゼロ・ウェイストを学ぶために上勝を訪れたいと思うでしょう。 これこそ東さんの夢、上勝町を消滅させないことです。

現在上勝町のゼロ・ウェイストシステムは、35種類から45種類のゴミの分別をするようになりました。 YouTubeで検索をすると何百万回も再生された動画が表示され、日本の持続可能性のお手本となっていることを称賛しています。 上勝町はニューヨーク・タイムズ、世界経済フォーラム、テッドトーク、ブルームバーグなどでも取り上げられています。 毎年村を訪れる観光客の数は、村民の数を上回っています。 これらはすべて、「すべてのゴミをどうするのか」という問題に直面したときに提案された、1つの謙虚なアイデアから生まれたのです。

image3 (1)

もちろんこのシステムは完璧ではありません。 現代の問題が進化しているように、システムは今も進化しています。 2020年という節目を迎え、村では100%ゴミを出さないという目標には約20%及ばず、達成することができませんでした。 現在村の人口は65歳以上の高齢者が50%以上を占めています。 そのため一部の村人は自分のごみを分別センターに運ぶことが難しい、あるいは不可能な人もいます。 また、住民がごみを適切な分別することも必ずしも容易ではありません。今後人口が高齢化するにつれて、これらの問題はますます大きくなっていくでしょう。 しかし、イノベーションを起こしたらそれだけでよいとは言えません。新しいアイデアが生まれ、それを時代に合わせて実行していく必要があるのです。 20年の歴史をもつ上勝町のシステムもそろそろリニューアルの時期に来ています。

しかし、すでにこのコミュニティが、世界にそれが可能であると示しています。 どこにいても変化を起こせるということ。 最初の火花がどんなに小さく見えても、どれほど大きな炎になるかはわかりません。 山奥の小さな村でも世界の注目を集めるアイデアを生み出すことができます。 そして、そのようなインパクトがあることをここから始めることができるのであれば、それはどこからでも始められるのです。

 

訳:伊藤 蛍、笠原 理香

 

 

Small Places, Big Changes - How the Smallest Village on Shikoku Island Became Japan’s Symbol for Sustainability

 

By Linda Ding - Co-Founder of INOW

From A Small Mountain Village, An Idea That Sparked The World

 

Where do big ideas come from? How does change come about, those sparks that ignite new movements, shifting the way we think about the world as we know it? It is common to learn of such moments occuring in the big cities, those densely populated hotbeds for new thought. But from time to time, such strikes of inspiration can take place where you least expect it.

As the smallest village on all of Shikoku island, Kamikatsu, with its current population of 1500 people, is one of the few places in Japan where you won’t find a combini. At its peak the village, which once supported a thriving forestry economy, had a population of about 6000 inhabitants. But when the Japanese domestic lumber industry became undercut by cheaper imports, many locals left the village in search of jobs in the nearby cities. Very soon, as is commonly seen in the countryside all over Japan, Kamikatsu became depopulated and is continuing to do so.

How to save a dying village? This was a question Hitomi Azuma, a member of Kamikatsu’s town government, was asking herself. A Kamikatsu native, Azuma-san was not satisfied to simply let her hometown disappear. Around the same time, the town office was also dealing with the dilemma of how to dispose of the town’s garbage. Traditionally, Kamikatsu’s garbage system was simply open incineration. A big hole dug in the ground in the village’s center served as an “open dumping” grounds, where residents would throw their garbage in and it would be incinerated altogether. Suffice to say this was neither good for human health nor for the surrounding environment.

 

IMG-0300

 

The town’s answer to the problem of open incineration was to purchase two small incinerators of their own. But only two years after their induction, the national government of Japan changed their policy on the amount of dioxins permitted to be emitted during waste management. This meant that Kamikatsu’s incinerators had to be shut down. Without them, Kamikatsu’s town government suddenly found themselves needing to rethink their entire waste management system. A new method for disposal was needed. And fast. It was at this critical moment, at the crossroads of what will become Kamikatsu’s waste management system in the future, that Azuma-san had an idea.

She suggested that in order to reduce waste, and therefore alleviating costs of waste removal from Kamikatsu, residents should separate out recyclable materials from their waste in as much detail as possible. The village would contract out the materials to different companies who were capable of recycling them, thus redirecting these materials out of landfills. Her idea was met with some pushback at first, but eventually it got the approval from the village mayor. Thus, in 2001, Zero Waste in Kamikatsu was officially begun.

An initial challenge facing the town office staff in implementing Zero Waste was how to educate the residents about this new system. When it first started, Kamikatsu’s Zero Waste system had 35 categories of waste separation. It took the town office one month’s time, sending out teams of staff and volunteers to visit every single settlement within Kamikatsu in order to educate the local residents. This is much easier said than done, for despite the depopulated nature of the village, Kamikatsu is quite large in landmass and is made up of fifty-five different settlements, with 85.4% of it as forests and almost no flat land. Despite the many challenges, through the hard work and dedication of the town’s people, Zero Waste was able to be successfully implemented in Kamikatsu.

IMG-0321

 

Even though 35 categories of waste separation is already a staggering achievement, Azuma-san was not wholly satisfied. She knew that Kamikatsu could be doing more around the theme of zero waste, to become an example of what can happen when an entire town makes an effort to become more sustainable. As such, in 2003, the Kamikatsu Municipal Assembly adopted the Zero Waste Declaration, aiming to make Kamikatsu the first village in Japan to divert 100% of their waste from landfill by the year 2020.

Such a lofty goal was set to also serve a secondary purpose. By branding Kamikatsu as the “zero waste village,” it gave the depopulating town a new identity. Locals from Kamikatsu could be proud to tell others they are from Kamikatsu, and people from outside will want to visit the village in order to learn about zero waste for themselves. This was Azuma-san’s dream - to keep Kamikatsu from disappearing.

Back in the present day, Kamikatsu’s Zero Waste system has grown from 35 to 45 categories of waste separation. A quick search on YouTube will bring up videos, watched millions of times, applauding the village for being an example of sustainability in Japan. Kamikatsu has now been featured in the likes of The New York Times, World Economic Forum, TedTalks, and Bloomberg just to name a few. Every year there are more tourists who come to visit the village than villagers themselves. All of this, from one humble idea that was offered when faced with the problem of - what do we do with all of our garbage?

 

image3 (1)

 

Of course the system is not perfect. It is still evolving, just as the problems in our present day have evolved. The 2020 year mark came and went, and the village was not successful in meeting their 100% garbage free goal, by about 20%. The population of the village is now over 50% made up of elderly residents over the age of sixty-five. This means that some villagers find transporting their own waste to the separation center difficult or impossible to do. It is also not always easy for residents to separate their waste into the proper categories either. These problems especially will continue to grow as more of the population becomes elderly in the coming years. But innovation does not strike once, and is then meant to last forever. New ideas will formulate, and need to be adapted and implemented with the times. Kamikatsu’s system, having now sustained a twenty year history, is due, too, for a revival.

But what this community has shown the world already is that it is possible. To start change no matter where you are. No matter how small the first spark may seem, there is no telling how big of a flame will catch on. That even a small village, hidden deep in the mountains, can create an idea to grab the world’s attention. And if such an impact can start from here, it can start from anywhere.