デジタルグリッドブログ

Posts by Junya Tani:

人新世における地球と人類 - 私達は次の世代に何を残すのか?(第6回)

  1. 私たちは次の世代に何を残せるか。

これまで5回にわたり、今日の地球環境危機の意味とそれを克服するための社会・経済システム転換について説明してきた。では、日本の私たちにとって、地球環境危機とは何を意味しどう対処すべきなのだろうか。私たちは、地球環境危機だけではなく、人口減少・高齢化、経済の停滞など様々な国内問題にも悩んでいる。そんな中で、私たちは危機を克服し、子や孫の世代に豊かで幸せな未来を引き継げるのか。もちろんそうありたい。しかし、その成否はまだ定かではない。

人新世における地球と人類 - 私達は次の世代に何を残すのか?(第5回)

  1. 社会・経済システム転換③ - 人間的基盤の変革

本稿第三回で示した社会・経済システム転換のダイアグラムの中では、「人間的基盤:社会・経済のあり方の基盤となる人間の内面と行動」を社会・経済システム転換の基礎に据えた。人々が問題を正しく認識した上で合理的な行動をすること、つまり人々の意識と行動の変容(以下「行動変容」という)が地球システム保全の基盤となるからである。今回は、この人々の行動変容を少し掘り下げる。ここは世界観や価値観によって見解が異なるところだが、ひとつの考え方として読んでいただければ幸いである。

人新世における地球と人類 - 私達は次の世代に何を残すのか?(第4回)

 4.社会・経済システム転換② - 社会的システムの変革

前回説明した4つの物理的システム(エネルギー、食料、生産・消費、都市)の転換を大規模に進めるには、政策(規制・税金等)、企業ガバナンス、金融、科学技術の開発利用など社会の主な制度や仕組みを総動員する必要がある。ここでは、その中でも中核的な経済制度である財市場と金融市場をどのように変革すべきかについて述べる。

人新世における地球と人類 - 私達は次の世代に何を残すのか?(第3回)

 

3.持続可能な世界への戦略 - 社会・経済システムの転換

 

前二回で、既に相当にまずい状況にある地球システムが制御不能になる危機が近づいていることを説明した。私たちがやるべきことは明らかだ。危機の原因である巨大な環境負荷を生み続けるこれまでの社会や経済のあり方の根本的な転換である。今回から、この「社会・経済システムの転換」を説明する。

人新世における地球と人類 - 私達は次の世代に何を残すのか?(第2回)

 

2.地球環境危機の現況 (地球温暖化、生物多様性の喪失)とプラネタリーバウンダリー

 

前回は、システムとしての地球を前提に、人新世における地球環境危機の意味について述べた。今回は、特に深刻な地球温暖化と生物多様性の喪失を中心に、地球環境の現況を見てみる。

人新世における地球と人類 - 私達は次の世代に何を残すのか?(第1回)

1.人新世における地球環境の危機とは。

はじめに

人類は今、約1万年にわたって発展させてきた文明の基盤を自ら壊そうとしている。地球環境の危機である。それは、日本で私たちが体験している異常気象だけではない。北極圏では氷床や海氷が急速に融け、世界各地で大規模な山林火災が頻発し、サンゴ礁が死滅し、生物史上前例のないスピードで種が絶滅している。そして、新型コロナなど新しい感染症も、この地球の異変に連なると考えられている。科学は、これからさらに異変が拡大、連鎖し、人類文明に致命的な災厄となる危険を警告している。